あなたの代わりにお洗濯いたします!
HOME
お申し込み・お問い合わせ
洗濯代行・洗たく宅配 京都 ラバンデリー屋
〒615-8283
京都市西京区
松尾井戸町16-2
TEL/075-393-0076
FAX/075-393-1801

営業時間
平日/9:00〜19:00
土・日・祝日/休業日

ラバン便り
こんにちわ女性  ラバンのつきちゃんですねこ

今日は風がないととても暖かいですね太陽

ただ、夕方から夜にかけて雨か雪になる可能性もあるみたいなのでお出かけの際には傘の準備をお忘れなく雨雪

さて、今回のラバン便りでは、前回に引き続き冬物衣料のお手入れ方法のご案内をしたいと思います。

最近では毛皮を着用する方も少なくなってきましたが、ファーも毛皮と同じお手入れをすることによってグンと長持ちします。

ダイヤダイヤダイヤ毛皮のお手入れ方法ダイヤダイヤダイヤ

毛皮は動物本来の毛の外観、感触をできるだけ損なわないように、着用時、着用後、保管中も細心の注意を払わないといけません。

一般に毛皮はクリーニング店でも特殊なパウダー洗浄で洗います。そのため取り扱いできないクリーニング店もあります。

もちろん金額も高額になりますので、いろいろなケアが大切になってきます。

着用時のお手入れ

毛皮は摩擦や折り曲げに弱く、毛皮を傷める原因になります。

そのため毛皮を着用したまま長時間同じ体勢をとらないといけない場合はできるだけ着用しないようにして下さい。

毛並みにクセがついたときは・・・

 その部分に蒸しタオルを2~3分間当て、その後、軽くブラッシングします。毛並みが整ったら、陰干しして乾燥させます。

雨や雪に濡れたときは・・・

 毛皮をよく振って水滴を切った後、乾いたタオルで水分を拭き取り、風通しのよい場所で陰干しします。

香水がついたときは・・・
 
 毛皮は臭いを吸収しやすく、一度ついた臭いはなかなか抜けません。香水が直接毛皮につくと、臭いがつくばかりでなく、シミや黄変の原因ともなるので注意して下さい。

熱や日光にあたったときは・・・

 ストーブやたばこの火には特に注意が必要です。熱で毛がチリチリとなることがあります。長時間直射日光や強いライトにさらすと、いつの間にか毛先が縮み変色することがあるので注意が必要です。

着用後のお手入れ

毛皮は埃が付きやすくそのまま放置すると毛が抜けることがあります。

着用後は風通しのよいところでハンガーにつ吊るし、手でほこりを軽く叩きます。

毛並みをそろえるために、毛皮を振ったり、手で軽く毛並みを整えます。そして必要に応じて軽くブラシングして下さい。

保管中のお手入れ

保管中一番大事なのは虫害と湿気を寄せ付けない事です。防虫剤は一種類だけにし、適切にお使い下さい。

洋服ダンスで保管するときは・・・

 布カバーをかけて、ゆったりと間隔をとって吊り下げます。クリーニング店のポリ袋は湿気が充満したり、変色の原因になる場合があるので、使用しないで下さい。

衣装ケースで保管するときは・・・

 白布か、ハトロン紙などで包み、ふっくらとたたんで入れるようにして下さい。

毛皮をふわっとさせるお手入れ方法

① 洗面器で洗浄液を作ります

 洗面器にぬるま湯を入れ、中性洗剤(シャンプーでも可)を入れて1000倍の洗浄液を作ります。

② 毛皮部分を洗浄液でふき取ります

 キレイなタオルを洗浄液につけ、よくしぼって毛皮部分を軽くふき取ります。
 全体が薄汚れている場合は、スプレー容器に入れてスプレーして下さい。

③ 毛皮部分を薄めたリンスでふき取ります

 リンスを1000倍のぬるま湯で薄めやさしくふき取ります。

④ 殺菌作用と柔らかくするため毛皮部分を薄めたお酢で拭きます。

 約10倍に薄めたお酢で軽くふき取ります。

⑤ 陰干しで自然乾燥をします

毛皮が濡れているときは、ブラシなどでブラッシングすると毛皮の毛が抜けてしまう場合がありますのでそのまま陰干しします。

⑥ 乾燥後、手でブラッシングします

毛革がよほどからまっている以外は、手で軽くなでるのが一番ふわっと自然な感じで整えることができます。





こんにちわ女性  ラバンのつきちゃんですねこ

今日は風も強くて肌寒い1日ですね汗

さて、前回のラバン便りで冬物衣料のお手入れ方法をご紹介しましたが大変好評でしたので、今回は皮革製品のお手入れ方法をご紹介したいと思います。

ダイヤダイヤダイヤ皮革製品のお手入れ方法ダイヤダイヤダイヤ

皮革製品は暖かく、品質の良いものは一生物と言われる代表的な衣服ですね。

その為、日頃のお手入れが重要になってきます。

皮革製品にもいろいろな種類がありますが、基本的なお手入れ方法はあまり変わりません。

まず、皮革製品に共通して言えるのが、高温多湿が大嫌いということ!

皮革は自然な感じが損なわれないように、完全な色止め加工が施せません。

その為、色落ち、変退色等が起こりやすいのです。

雨の日の外出時は濡れないように気を付け、もし、濡れてしまったらすぐに柔らかい布かティッシュペーパー等で拭き取って下さい。

その後、吸水性のある紙等を詰めて形を整え、陰干しして下さい。

ドライヤー、ストーブ等高温での乾燥や、直射日光による乾燥は、収縮、変形、変質、変色につながり、修復が困難になりますので絶対に避けてください。

定期的に皮革製品用の防水スプレーをかけておくことをお勧めします。

皮革製品は油を好みます。

乾燥してくるとひび割れの原因にもなります。

防水スプレーと同様、皮革用の保革クリームを塗って保管して下さい。

汚れが目立つ場合は皮革用のクリーナーで拭き取って下さい。

濡れタオルは絶対に使用しないで下さい。

カビは皮革製品にとって大敵です。

黒カビや青カビは皮革の組織を破壊するため一度付いたら修復は不可能です。

カビを生やさないようにするのが重要です。

保管するときは・・・

まず汚れを除去し、自然乾燥で湿気を取り、保革クリームを塗っておきます。

型崩れ防止のために肩や胸にやわらかい白紙を丸めて型を作り入れておきます。

カバーは、通気性のあるもので光を通しにくいものを選んで下さい。

高温多湿を避け風通しの良い場所で保管して下さい。

きちんとお手入れすると一生使える皮革製品だから大事に取り扱って下さいね。

こんにちわ女性  ラバンのつきちゃんですねこ

最近暖かくなってきましたね音符

春までもう少しって感じです太陽

暖かくなると冬物衣料を片づけますよねダッシュ

クリーニングに出す方も多いと思いますが、今は家庭でお洗濯する方も多いと思いますチョキ

そんな方に冬物衣料のお手入れの方法なんかをご紹介したいと思います。

ダイヤダイヤダウンジャケットのお手入れ方法ダイヤダイヤ

軽くて暖かいダウンジャケットは寒い冬には欠かせないアイテムになってきました。

しかしワンシーズン着ていると、どうしても襟や袖口が汚れてしまいます。

ダウンは湿気に弱いので、ご家庭で洗うにはなかなか難しい衣類です。

なので、家庭用品品質表示を確認して頂いて洗える素材のみお洗濯するようにして下さい。

襟や袖口など汚れた部分だけ洗う場合は全体を濡らすことは避け、汚れた部分にダウン専用洗剤かおしゃれ着用洗剤をタオルに付けて軽く叩き洗いをして下さい。

全体を洗う場合はダウン専用洗剤かおしゃれ着用洗剤で押し洗いをして下さい。大きめの洗面器等で洗うのがお勧めです。

洗うときもすすぎの時もダウンを持ちあげることは避けて下さい。

クリーニング店に依頼した場合、返ってきたら必ずポリ袋から出して1日は風通しの良い場所でハンガーに吊るして干して下さい。

ダイヤダイヤコートのお手入れ方法ダイヤダイヤ

ホコリやチリなどは繊維に潜り込みやすく、保温性などの低下や外観の悪さに繋がります。また、外的な要因による汚れや人の体内から発生する分泌物による汚れはカビの発生や変色の原因となり、コートの寿命を縮めることになります。

コートを長持ちするためにはお手入れが欠かせません。

コートのお手入れ方法として一番有効なのがブラッシングです。

ブラッシング用のブラシは天然素材のもので馬毛や豚毛を使うのが良いでしょう。(化学繊維のブラシは静電気を引き起こしやすいので、反対にホコリ等が付着しやすくなるので避けて下さい。)

ブラシの硬さは素材にもよりますがあまり硬い毛の物はお勧めできません。

最近はファーが付いている服が多いですよね。

ファーはペット用のブラシで丁寧にブラッシングするとダマが取れて綺麗になります。

汚れがきになる場合はダウン同様おしゃれ着用洗剤で洗います。

おしゃれ着用洗剤をぬるま湯で溶いて乾いた布に付け硬く絞ってから汚れた部分を叩き洗いします。

汚れが目立つ場合はクリーニング店に依頼して下さい。

皮革製品、毛皮製品については次回のラバン便りでご紹介しますね。


このページの最上部へ
対応地域
業者様、法人の方も承ります(対応地域:京都市)。お気軽にご相談ください。お見積りさせて頂きます。
Copyright(c)ラバンデリー屋 All Rights Reserved. ホームページ制作 ホームページ作成 京都